抱っこ紐には横抱きのものと、縦抱きできるものがあります。
特に生まれたての新生児には横抱きと縦抱き、どちらのほうが良いのでしょうか?
ひと昔前は、新生児と言えば横抱きが主流でしたが、最近では新生児でも縦抱きができる抱っこ紐が販売されています。

一体新生児にとって負担が少ないのは横抱き抱っこ紐なのでしょうか?
それとも縦抱き抱っこ紐なのでしょうか?

そもそも、新生児は首が座っていません。
この首が座っていないという意味を知っているでしょうか?
首を自分で支えていられない状態を指しています。
つまり、ママやパパが頭をしっかり持っていなければ、首がガクンと後ろに倒れてしまう状態です。
ですから新生児に見合う抱っこ紐は、首が座った状態のものがおすすめです。

そうなると横抱きの抱っこ紐が安全かと思いますよね。
横抱きの抱っこ紐の特徴はどのようなものなのでしょうか。

横向き抱っこ紐は新生児を自然な形で寝かせることができるという点です。
生後3か月くらいまでの赤ちゃんは首が座っていない状態で、産道を通りやすいように関節も柔らかくなっています。
そして股関節も開いており、自由にあぐらを組む姿勢が好ましいとされています。
またベッド代わりにもなるのが良いですね。
ベビーカーを持っていけない場所でも横抱っこの抱っこ紐のほうが新生児を寝かせたままある程度の範囲でママの行動が可能です。

ただ、横抱っこの抱っこ紐にもデメリットがあります。
1番は使用期間が短いという点です。
新生児は首がまだ座っていませんから、安全に抱っこするには横抱っこのほうが良いでしょう。
ただ、赤ちゃんの首が座るまで大体3か月程度なので、横抱っこしかできない抱っこ紐を購入すると、3か月程度しか使えないということになります。
また両手を離せないという点や、両手を離せないのでその他のことができないというデメリットが存在します。

では新生児の抱っこ紐で縦抱っこできるものはどんな特徴があるのでしょうか?
縦抱っこができる抱っこ紐は、大体新生児から赤ちゃんと呼ばれる3か月程度を目安に使う抱っこ紐です。
自分で首をしっかり立てることができるようになった赤ちゃんをしっかり縦向きに抱っこできるアイテムです。
最近では縦抱っこが主流になってきました。

ただ、新生児用の縦抱っこは難しく、専用のインサートなどをつけなければ縦抱っこすることができません。
インサートとは抱っこ紐の中に入れるクッションのようなものです。
インサートによって新生児の首が座り、縦抱っこすることができます。

縦抱っこのメリットは、やはり新生児がママの心臓の鼓動を聞いていられるので、安心感が生まれることです。
縦抱っこのほうが、横抱っこよりもよく眠ってくれるというママの声もあります。
それに最近では新生児でも使える縦抱っこ用の抱っこ紐が多数販売されていますから、使い方が非常に簡単です。
最近は新生児でもメインを縦抱っことして使うように抱っこ紐が作られていますから、新米ママでも使いこなすことができます。
さらにママは両手を離して何かと作業ができるという点も大きなメリットの1つでしょう。
横抱っこの抱っこ紐は支えていなければなりませんし、スリングではどうしても両手で持っていなければならないという部分もあります。
しかし縦抱っこなら、ある程度ママの行動範囲が広がりますし、それに揺られて新生児もうつらうつらするので丁度良いですね。

ただやはり縦抱っこの抱っこ紐にもデメリットがあります。
それはがっしりした作りになっているため、コンパクトではないという点です。
買い物などに行くと、多少邪魔になるという欠点があります。
また縦抱っこ専用の抱っこ紐で、おんぶタイプと兼用ではない場合、1歳程度までしか使うことができません。
使用期間が限られているのは横抱っこも縦抱っこも同じですね。
それに横抱っこの抱っこ紐よりもかなり価格が高いことが多いです。
しっかりした作りでありつつ、型崩れもしないというメリットもありますが、かなりしっかりした作りになっているため、高額であるという点も、沢山の準備品の中ではなかなか難しいと感じるプレママ、そしてママも多いでしょう。

このように抱っこ紐にも新生児に使える横抱っこの抱っこ紐、縦抱っこの抱っこ紐とパターンがあります。
簡易な横抱っこができるものを購入し、あとから買い足しで縦抱っこができるものの購入を検討しているのなら、3か月程度のものですから、横抱っこのアイテムはリーズナブルなものを選ぶと良いでしょう。
そして買い足す縦抱っこができる抱っこ紐は、多少お値段が張っても、おんぶもできる、できれば3歳までは使うことができる、長期間使える抱っこ紐を選ぶと良いですね。

【関連記事】⇒国産の抱っこ紐が欲しい!国産メーカーの抱っこ紐とは