抱っこ紐で最も人気があるのが、海外で生まれたエルゴという抱っこ紐です。
何しろ長時間抱っこしていても全く疲れないというメリットがあります。
もちろん赤ちゃんが大きくなるにつれ、若干歩くのも大変になりますが、それでも長期間使うことができ、型崩れもほぼせずに、がっしりとしており、何より疲れにくいというのが最大のメリットです。

だからこそ抱っこ紐といえばエルゴ、とまで言われているほどなんですよ。

しかしプレママやママの中には、やはり国産メーカーの抱っこ紐のほうが安全そう、基準に満たしていそうだ、と思う人も多いようです。
国産メーカーの抱っこ紐が欲しいと思っているプレママやママも多いようですね。
しかし国産メーカーの抱っこ紐は一体どんなものがあるのでしょうか?
あまりメジャーではない国産メーカーの抱っこ紐をチェックしてみましょう。

まずキューズベリーという抱っこ紐があります。
前にジッパーがあるので、ママが抱っこ紐を装着したまま赤ちゃんを出し入れできるのがポイントです。
とても便利で優れた抱っこ紐なので、価格は若干高めで、準備品を揃えているプレママにとってなかなか手が出せないという人も多いのですが、国産メーカーの抱っこ紐を探しているプレママやママにはとてもおすすめの抱っこ紐です。

北極しろくま堂の昔ながらのおんぶひもという抱っこ紐もあります。
新生児から使うことはできませんが、赤ちゃんに優しい素材を使っていることや、リーズナブルな点からすると良い抱っこ紐でしょう。
ただ、前抱っこができないのが多少残念な所です。

フルメッシュレギュラーという抱っこ紐もあります。
購入前レンタルもあるので、使い勝手を見ることができて大変便利ですよ。
腰ベルトもしっかりあるので、体重分散も可能でママの負担も少ないです。
新生児から使うことはできませんが、縦抱き、着脱が簡単でコンパクトなのが人気です。

デザインや素材によって価格にかなり差が出てしまうのですが、ベビーキャリアという抱っこ紐も国産メーカーの抱っこ紐です。
デザイン性が良く、腰ベルトでしっかりガードするので肩への負担も少ないです。
着脱も簡単で、縦抱き、おんぶに対応しています。
赤ちゃんに優しい素材を使っているのも良いでしょう。

さらに腰痛に悩んでいるママのために作られたファムベリーという抱っこ紐もあります。
海外製品と日本製品の良いとこどりの抱っこ紐です。
腰に負担の少ない腰ベルトがしっかりしており、無料で名前を刺繍してくれるサービスなどもあるので、世界に1つしかない我が子の抱っこ紐を作ることができます。

SUN&BEACHという国産メーカーの抱っこ紐は15種類以上の豊富なカラーバリエーションを楽しむことができる抱っこ紐です。
日本製だからできる安心サポート、1年保証がついています。
専用ミシンでしっかり刺繍をしており、デザイン性も豊かです。
アフターサポートが手厚いのもSUN&BEACHの抱っこ紐の特徴の1つですね。
また、SUN&BEACHはペットボトルより軽い470gしかない重さの抱っこ紐です。
デザイン性、機能性はもちろんのこと、毎日使うものだからこそ、持ち運びやすさも考慮し、コンパクトに仕上げています。
抱っこ紐は若干重たいものが多い中、SUN&BEACHの抱っこ紐の軽量加減は皆が驚くほどなんですよ。

このように国産メーカーでも優れた抱っこ紐は沢山あります。
日本製にこだわっているプレママ、ママさんは一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】⇒抱っこ紐の洗い方は特別なものがあるの?