赤ちゃんとの外出に大変便利な抱っこ紐。
しかし夏に赤ちゃんを抱っこ紐で連れ出すにはママや赤ちゃんも蒸れますし、沢山汗をかきます。
そこで暑さ対策グッズがあれば、快適に赤ちゃんと一緒に抱っこ紐で外出することができますね。
そんな暑さ対策グッズは手作りすることができるのでしょうか。
もし手作りするのなら、どんなものが手作りできるのでしょうか。

赤ちゃんはただでさえ汗っかき。
そんな赤ちゃんは抱っこ紐の中では余計に汗をかきます。
そこで暑さ対策グッズとしてよく用いられるのが保冷材です。
通常の保冷材だとカチカチなので、固まらないジェル状の保冷材が最もおすすめです。
保冷材は手作りすることができませんが、保冷材を包むハンカチやタオルなどは用意することができますね。
固まらないタイプの保冷材は暑さ対策グッズにはかなり便利ですから、夏の暑さ対策にはもってこいのアイテムです。

また、暑さ対策グッズとして手作りするのなら、抱っこした際に密着する部分にタオルを忍ばせるという手段もあります。
これも手作りとは言い難いですが、少しタオルを縫い合わせ、その中に冷却ジェルを入れると、より赤ちゃんもママも楽にお出かけすることができるでしょう。
薄手のタオルケットなども用意すると、日差しが直接当たらなくて良いですよ。

また赤ちゃんの暑さ対策グッズとして用意したいのが、レッグウォーマーやカーディガンです。
何故暑さ対策グッズにレッグウォーマーにカーディガン?
と思うプレママさんや新米ママさんも多いでしょうが、紫外線対策や体温調節に非常に役立ちます。
レッグウォーマーは布を縫い合わせるだけで簡単に手作りできますし、カーディガンはさすがに手作りは難しいので購入しましょう。

抱っこ紐で外出する際、電車やバスの中は気温差が激しいので、簡単に脱ぎ着できるものが赤ちゃんには必要です。

また、保冷材を入れるケースを手作りすることは可能です。
もし抱っこ紐にポケットがついていないタイプの場合は、保冷材を入れるケースを手作りしても良いでしょう。
綿100%の生地を手に入れて、保冷材より若干大き目のケースを作ります。
ケースと言っても、両端をちくちく縫うだけでできる暑さ対策グッズとして優れたものです。
ボタンをつけて、保冷材を入れるようにすれば、立派な手作りの保冷材入れになります。

また、手作りでは難しい遮光ケープを購入すると、より赤ちゃんもママも楽に暑さ対策として利用できます。
遮熱効果があるので、見た目暑苦しく思えますが、赤ちゃんをしっかり日差しから守ってくれます。
ひんやりした素材のものを選びましょう。

赤ちゃんの暑さ対策グッズとして夏に抱っこ紐で外出する際は、帽子も必要です。
ママは日傘を使うのはもちろんですが、赤ちゃんには抱っこ紐をしていても、帽子をかぶせるのも忘れずに。
ベビー用品店で色々な帽子が販売されていますから、暑さ対策グッズの一環として帽子を用意しておくと良いですね。
さらに汗取りパッドもよく販売されています。
赤ちゃんは自分で体温調節するのが難しいですから、暑さ対策グッズとして汗取りパッドを購入しておくとよいでしょう。
汗取りパッドは手作りでも作れないことはありませんが、購入したほうがママにとっては楽ですね。

このように手作りできる暑さ対策グッズもあれば、購入できるものもありますから、使い分けながら、抱っこ紐の暑さ対策をしていきましょう。

【関連記事】⇒新生児用抱っこ紐のレンタルはある?あれば使いたい!