ナップナップは腰バンドでしっかり赤ちゃんの重さを支えますから、肩に負担がかからずとてもママにとって楽な体勢で赤ちゃんを抱っこすることができます。
多機能性があり、ウエストポーチにもなる軽量な部分も見どころありですね。
両手が空きますから、どんなシーンにも対応できます。
抱っこ紐を垂らしながら歩いているより、ずっと見栄えが良いですし、赤ちゃんの足に絡まる心配もありません。
そんなナップナップですが、同じく人気を誇っているのがキューズベリーという抱っこ紐です。
一体キューズベリーという抱っこ紐はどんな抱っこ紐なのでしょうか?
そしてナップナップとキューズベリー、どちらがどんな人におすすめなのか比較してみましょう。

まずキューズベリーはあかちゃんの体重分散率が2倍です。
インナーメッシュで通気性もよく、夏の暑い日でも気持ちよく抱っこすることができますね。
おんぶも抱っこもできる肩と腰が楽々な持ち運びに便利なキューズベリーのおんぶ抱っこ紐というものがあります。
ナップナップと比較すると、同じく日本人の体形に応じた作りになっており、54キログラムの負荷まで耐えることができるようになっているので、多少大き目の赤ちゃんでもお構いなしにキューズベリーで抱っこやおんぶをすることができます。

またナップナップと比較したい点としては、キューズベリーのコンセプトとして男がつけてもカッコイイ抱っこ紐という点でしょう。
キューズベリー独自の帆布生地が織りなす風合いはどんな服装にもしっくりきますから、オシャレパパのスタイルを問いません。

更に比較するとなれば、キューズベリーは太もも部分のクッションの形や量、背面の長さまで助産師さんのアドバイスを受けているという点ですね。
ナップナップでも先輩ママの意見を取り入れていますが、助産師さんの意見が確か取りいれていなかったのではないかと思われます。
またナップナップとの違いとしては、サイズ調整に利用している調整具が丈夫さが充分かどうかを図るために第3社期間によって一般財団法人ボーケン品質評価機構、生活用品試験センターで証明されているということです。
キューズベリーのおんぶ抱っこ紐の強度が万全なことを知って購入するプレママ、ママさんも多いと言います。

ナップナップでは返品受付は到着後7日間以内ですが、キューズベリーでは30日間の返金保証付きという所も違いがありますね。
どれだけ30日間使っていても、満足いかなければ全額返金とはなんとも嬉しいことではありませんか。
実際、抱っこ紐は使ってみなければ自分との相性や赤ちゃんとの相性が分からないものですから、30日という長い期間を設けられているのが大変有難いことですね。

さらにナップナップとの違いはまだあります。
キューズベリーではクロス抱っこ紐というものがあります。
フリーサイズで使うことができ、首が座ってからおよそ3歳まで使うことができる長期間に渡り使うことができるコストパフォーマンスの高い抱っこ紐です。
特許取得の技術で幅広の両肩紐、腰ベルトで赤ちゃんの体重のバランスがよりよく分散されるよう設計されています。
生地も歪まずに赤ちゃんの足、ママのウエストに優しくフィットしてくれることも嬉しいところですね。

このようにナップナップとキューズベリーを比較すると多少の違いが出てきます。
どんな人におすすめか?
と問われると、若干答えづらいのですが、パパの身長が高いのであれば、ナップナップなどは身長が高い人にも扱うことができるのでおすすめでしょう。
またリーズナブルな価格もナップナップの魅力の1つです。

キューズベリーは強度に徹底的にこだわっていますから、多少大き目の赤ちゃんでも安心して抱っこすることができます。
更にクロス抱っこ紐もありますから、こちらはフリーサイズになっており、パパさんでも楽々装着可能。
比較してどちらが良いとは言い切れませんが、どちらにしても良い抱っこ紐だと言えるでしょう。

⇒ナップナップの公式サイトはこちら